中学受験 家庭教師 | 東京の算数家庭教師 さんじゅつまん


SINCE 2001/11 開設18年目|LAST UPDATED 2019/9/30mon|中学受験算数家庭教師(Google検索4位)| 算数書著者 

ここには受験算数の楽しい話があふれています。たくさん読んで算数が好きで得意な人になってください。

中学受験生の算数家庭教師ご説明はこちら  現在まだ生徒枠に空きがございます
 
 算数知恵宝庫(Newみんなの算数講座)はこちら  講座72まで改訂作と新作を発表しています

学年 4年生~6年生 地域 東京および近県
中学受験(内部進学含む)を目指す生徒さんの算数家庭教師をご希望の方は、説明ページをご覧になり、メールフォームからご連絡ください。

家庭教師説明ページこちら

家庭教師のお申し込み・お問い合わせ用メールフォーム

ふぉーむまんを使ってます。お返事は個人のアドレスから送ります



当サイト伝統の算数講座
~算数には楽しい知恵があふれています~
〈現在全102講座〉
★全編改訂および差し替え中です。第72講座までは算数知恵宝庫に改訂版や新作があります。第72講座までは算数知恵宝庫でお読みになることをおススメします。
★第73講座以降はこのホームページにあります。順次改訂を進めています。



お手元で読みやすく
★算数講座をカラーコピーしたファイルを販売しています。
★全講座一括またはお試し20講座までをご購入いただけます。



コンテンツ
みんなの算数講座 みんなの算数講座カラーコピー販売 また来てね問題集

算数界の専門用語 数の雑学 中学受験算数家庭教師のご説明

★以下のコンテンツは算数知恵宝庫(スマホ対応サイト)に移動しました
・公式テクニック集 ・出題|二十四の算数 (過去問は当サイトにあります)
二十四の算数過去問PART1  二十四の算数過去問PART2



さんじゅつまんは中学受験算数のプロ家庭教師
30代までは大手中学受験塾「四谷大塚」で教えていましたが、現在はフリーの家庭教師として算数ができる子どもたちを育てています。中学受験生へのご指導のご依頼は説明ページをご覧になりご連絡ください。

さんじゅつまんは算数書作家
しばらく指導に専念していて休筆中でしたが、最近になって再び執筆意欲が再燃。新刊を書き始めました。過去著作は講談社ブルーバックス、光文社、明治書院などから6冊です。算数書関係の執筆依頼などはこちらからご連絡ください。


このホームページには算数の楽しい知恵があふれています
このホームページでは、さんじゅつまんが
中学受験算数を勉強している受験生とご両親、算数に興味のある人たちに向け、楽しくわかりやすく受験算数の奥義を伝えています。いろいろなコーナーを読んで、どんどん算数が好きで得意な人になってほしいと思います。

さんじゅつまんは就職に必須のSPIも教えます
大学生の皆さんが就職の前に課されるIBM社のSPI試験。あれはまさに算数ですよね。昨今は学生さんの要請に応え、SPI対策の個人指導も行っています。(SPI指導については現在説明ページの改定中です。しばらくお待ちください。お急ぎの方はこちらから連絡ください)


算数が得意な生徒を育て続けています
東京近郊で中学受験の算数の家庭教師をご希望の方は、こちらのページをご覧のうえ、ページ内のメールフォームからご連絡ください。お申し込み前のお問い合わせも歓迎です。お問い合わせがお申し込みを拘束することはありません。体験授業も実施しています。

売れてます!
このホームページの伝統「みんなの算数講座」のカラー印刷ファイル(全102講座)がけっこうな売れ行きで驚いていす。算数の受験勉強でいつでも役に立つ虎の巻です。「こんなわかりやすい算数の解説は見たことない」など嬉しい感想もいただいています。A4版で333ページからなる算数の知恵の結晶ファイルです。全ページカラーでとても読みやすい体裁になっています。ぜひお求めください。説明ページへ

プロフィール/著書

算数を教える名人

一般のご連絡用メールフォーム

プロフィールのページ

著書目録(アマゾン)
これまでに出版した本は6冊です。どれも思い出タップリですが、近著3冊を紹介させていただきます。クリックしていただくと、ネット書店のアマゾンにいきます。みなさんの応援が次作への何よりの励みです。
   



学年 4年生~6年生
地域 東京および近県
中学受験(内部進学含む)を目指す生徒さんの算数家庭教師をご希望の方は、説明ページをご覧になり、メールフォームからご連絡ください。

家庭教師説明ページこちら

家庭教師のお申し込み・お問い合わせ用メールフォーム

一般のご連絡用メールフォーム

スパム防止目的でふぉーむまんを使ってます。お返事は個人のアドレスから送ります

就職試験 SPI3 個人指導について
就職を控えた大学生の皆さんにSPI試験対策を個人指導しています。(SPI指導については現在説明ページの改定中です。しばらくお待ちください。お急ぎの方はこちらから連絡ください)













          
算数公式テクニック集
あまり見かけない公式テクニックを集めています。中学受験に役立つものばかりです。知識を応用するためには知識が必要!当たり前だけど大切なことですね。全部は大変でしょうけど、なるべくたくさん覚えてくださいね。

公式テクニック集は算数知恵宝庫に移動しました。
算数知恵宝庫はこちらです。よろしくお願いします。


ひまつぶし
ここはさんじゅつまんが好きなことをしゃべっているコーナーです。毎回の脈絡はないですがお楽しみください。

友人の将棋プロ飯塚七段がボクにプレゼントしてくれた詰将棋です。ぜひ頭の運動として考えてみてください。
詰将棋は算数に効果抜群です。与えられた条件の中で指し手(解法)の候補を考え、詰み(答え)を目指して試行錯誤していく道筋はまさに詰将棋=算数といえます。本将棋は少し敷居が高いですが、詰将棋なら比較的手軽に楽しんでいただけると思います。

詰将棋のルール

解答は一番下にあります。

想い出のイラスト
イラストホームページ開設当時に教え子の女の子が描いてくれたイラストです。気づけば18年たちました。宝物ですね。どうしたかなぁ、あの子。

このサイトのURLは
http://sanzyutsuman.xsrv.jp/
です。
検索方法によって、かなり昔のページが表示されてしまうことがあります。
(www.interq.or.jpなど)
現在のサーバーは Xサーバー(下の広告)です。


このサイトはインターネットエクスプローラー、グーグルクロームでの表示確認を行っています。その他ブラウザでの表示に不都合がありました場合は、どうぞご容赦ください。

このホームページのサーバーさんです。快適!

飯塚先生の詰将棋の解答
2一角成、同玉、3二歩成、1二玉、1一飛、2三玉、1四角、同金、2一飛成、1三玉、2二竜まで11手詰
♪初手2一角成を取らないのは正解より早詰みです。(詰将棋は長くなる逃げ方がルール)
3手目3二歩成を1一に逃げるのは1三飛以下早詰みです。
5手目1一飛を取ってしまうと3三角で早詰みです。
7手目1四角が上部への退路封鎖の妙手で、同金と取らせて2一飛成!以下きれいに詰んでいます。

算数上達のために
算数は 問題をよく読む
問題をよく読まない人は算数ができません。問題はあわてず落ちついてよく読みましょう。一度で意味がわからなければ二度三度読んでください。場合によっては声を出して読んでもいいくらいです。算数も日本語の言葉なのです。読むことをめんどくさがっていてはできるようになるわけがありません。

算数は 大事な数に線を引く
問題文の大事な数に注意を払わない人は算数ができません。線を引くかわりに囲んだりしてもよいですが、大事だと思った数は必ずチェックするのです。「学校から駅まで600mあります」のように。算数の問題に、使わない数はほとんどありません。出てきた数をていねいに扱う人は算数ができるようになるのです。

算数は 筆算をきれいに書く
筆算をきたなく書く人は算数ができません。10+20=30のように絶対に自信がある暗算を除き、ほんの少しでも不安があればきれいに筆算を書くのです。ノートの右側に計算コーナーを作ったり、あるいは計算専用の雑記帳(落書き帳)を用意するとよいでしょう。筆算がほかの筆算とぶつかるのもいけませんよ。

算数は 白い紙を用意する
問題を解くときに、初めからノートに書こうとする人は算数ができません。算数ではノートは清書、白い紙が下書きだと思ってください。下書きは何回失敗したっていいのです。そして下書きの中から自信のある解法をノートに作品として仕上げるべきです。初めからノートに書くのは100%の自信があるときだけにしましょう。

算数は、答えの大きさを想像する
解答が出るまでの途中段階で、答えの大きさを想像しようとしない人は算数ができません。たとえば240×3.14は753.6ですが、240を約250、3.14を約3とみておけば、答えのだいたいの大きさは750くらいと想像がつくものです。この答えを75.36とか7536と間違う人は大きさを想像しようとしないからです。具体的な計算をする前に、これくらいの大きさの答えが出るはず!と想像できる人になってください。

算数は 図をどんどん書く
図が必要な問題で図を書かない人は算数ができません。線分図、面積図、ベン図、カルノー図、速さの状況図、食塩水のビーカー図、てんびん図、樹形図など、算数には問題を解くために便利な図がいろいろあります。初めは下手くそでもかまいません。書いているうちに少しずつうまくなればよいのです。テキストなどをマネしていつも図を書こう!手を動かそう!とする人になってください。

算数は 後ろをふり返る
急いで先に進むことばかりを考え、歩いてきた道をふり返らない人は算数ができません。よほど簡単な問題は別として、ふつう算数の問題にはAを求めてからBを求めるといった段階があります。Aが間違いならその先には意味がないのです。一段階ごとに立ち止まり、そこまでの過程に間違いがないかを疑うクセをつけてください。見直しというのは問題の途中でやってもよいのです。ボクが好きな将棋の駒にたとえれば、算数を解く人の頭は飛車であるべきで、香車であってはいけません。

算数は カンペキを求めない
算数に対してカンペキを求めるのはとても難しいことです。学校の算数ならカンペキもありそうですが、中学受験の模擬試験や本番の入試では、受験者の差をつけるために制限時間では解ききれない量の問題、あるいは内容的にかなり高度な問題が出題されることが多く、それを時間内にすべて正解しようとするのはあまり得策ではありません。一部の問題が空欄のままでも、手をつけた問題に正解が多ければ優秀な成績や合格が手に入るのです。カンペキを求めるよりも、捨てるべき問題は勇気を持って捨て、手をつけた問題をしっかり見直しして、いつでも70%の正解を目指してください。もちろんすでにそれができている人は70%を80%、80%を90%というように目標を上げていくとよいでしょう。

算数は 失敗の歴史ノートを作る
同じ失敗を何度も繰り返す人は算数ができません。宿題でも自主勉強でもテストでも、自分の痛恨の失敗をまとめたノートを作って残していくとよいでしょう。そしてそのノートをときどきながめてみてください。自分で自分の失敗が笑えるようになっていたら、それは間違いなく算数の頭が進歩した証拠です。

東京の中学受験 算数家庭教師さんじゅつまん中学受験算数家庭教師について
プロフィール著書目録みんなの算数講座目次みんなの算数講座カラーファイル|
また来てね問題集算数界の専門用語数の雑学
一般のご連絡フォーム家庭教師用ご連絡フォーム
Copyright (C) さんじゅつまんのホームページ All Rights Reserved